スーパーグローバルハイスクール指定校、質実剛健・自主自律の精神を育成する
SGH活動報告

SGH 2学年

「英語ディベート大会・英語プレゼンテーションコンテスト」レポート

平成30年9月23日(日)、富山大学において、「第8回富山県高校生英語ディベート大会」が開催され、英会話部から3チーム(総勢14名)が参加しました。10月20日(土)、富山市民プラザで開催された「第20回富山県高校生英語プレゼンテーションコンテスト」には、リサーチ・プロジェクト部門1チーム(4名)、レシテーション部門3名、スピーチ部門2名の総勢9名が出場しました。

課題研究中間発表会(2年人文社会科学科・理数科学科)

平成30年9月29日(土)、2年人文社会科学科・理数科学科の80名が、4月から取り組んできた課題研究の中間発表会をポスターセッション形式で行いました。指導を仰いでいる富山大学や富山県立大学の教授にもご来校いただき、研究内容やポスターの作り方、プレゼンテーションの方法などについて、今後の研究の参考となる助言をたくさんいただきました。

北東アジア青少年環境活動リーダー育成事業に参加

「北東アジア青少年環境活動リーダー育成事業」が、平成30年8月21日(火)~22日(水)の2日間にわたり中国遼寧省瀋陽市開催されました。「湿地文化と都市生活」をテーマに日本、中国、韓国、ロシアから約200名の中高生が参加しました。本校からは課題研究で海洋環境保全について研究している2年探究科学科NOWPAP班の3名が参加しました。

「高山グローバル・サマー・フェスタ」(旭丘高校主催)に参加

平成30年8月6日(月)~9日(木)、3泊4日の日程で、SGH指定校である愛知県立旭丘高等学校が主催する「高山グローバル・サマー・フェスタ(GSF)」に、2年人文社会科学科・理数科学科の生徒5名が参加しました。東海地区のSGH指定校である名城大学附属高等学校、三重県立四日市高等学校の生徒も参加し、「グローバル・リーダーの具体像」をともに追究しました。

富山県総合教育センター実習(2年理数科学科)

7月18日(水)に、理数科学科2年46名が「課題研究」の発展的学習として、富山県総合教育センターで、物理・化学・生物・地学の4つの講座から、それぞれが2講座を選択し実習を行いました。生徒達は、高校にはない機器・設備を利用し、実験実習を行うことで、科学的な見方や考え方を十分に養うことができました。

高志の国文学館 施設見学及びワークショップの実施

平成30年7月18日(水)、2年人文社会科学科33名が高志の国文学館にて施設見学及びワークショップを行いました。常設展「ふるさと文学の蔵」の観覧、企画展「没後20年星野道夫の旅Selection」の観覧を行い、ワークショップでは「絵本の絵を読む」で、絵本の絵を読み解く活動を行いました。

平成30年度 課題設定報告会(2年人文社会科学科・理数科学科)

平成30年5月24日(木)6・7限に、2年人文社会科学科、理数科学科80名が4月から取り組んでいる課題研究の課題設定報告会が行われました。

「高校生のためのポスターセッションin京都大学」参加報告(2年人文社会科学科)

平成30年3月17日(土)、2年人文社会科学科の3名が、京都大学で開催された標記の会に参加しました。本会は、課題研究発表を通して高校生が日頃の課題探究活動の成果を府県や学校の枠を超えて披露するものであり、今回はその記念すべき第1回にあたります。

「インターネット交流体験」で海外研修の成果を発揮(2年人文社会科学科)

平成30年2月13日(火)、2年人文社会科学科35名が、「インターネット交流体験」をしました。本校では、平成29年12月7日~15日、アメリカのボストン・ニューヨークで「第4回海外研修」を行いましたが、このインターネット交流体験は事後研修の一環です。

JICA北陸研修員・ALTを迎えて、異文化理解講座を実施(2年理数科学科)

平成30年2月15日(木)、2年理数科学科の43名が、JICA北陸の研修員6名(ミャンマー出身3名、ナイジェリア・タンザニア・アフガニスタン出身各1名ずつ、金沢大学・福井大学で研究活動中)と県内ALT2名(ニュージーランド出身、アイルランド出身)の合計8名を講師に迎え、英語で交流しました。

1 2 3 10 »
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGETOP
Copyright © 富山県立高岡高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.